In My Kitchen  

キッチン雑貨や道具、材料など、使っていて良かったもの、美味しかったものを中心に紹介しています。基本は、自分が欲しいもの・食べたいものを自分が買うのに便利なように貼りつけている、自分用ブログ!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月のキッズキッチン

息子の大好きなキッズキッチンの3回目。
クリスマスを来月に控えた11月のメニューは、クリスマスショートケーキ
子供にこれを作らせるなんて、先生、かなりのチャレンジャーです。
ちなみみこちらは先生のお手本。
ケーキも美しいが、先生の流れるようなすばやい動きも美しい・・・!


まずはスポンジを焼いて、冷めたものを横にスライスしてクリームでナッペします。
毎日たくさんたくさんケーキを作るプロのテクニックには、なるほどね~、いただきと思わせるテクニックがたくさん
先生の一言一句、動きのひとつも逃せません
子供向けということを忘れてしまいそうです。
でも、作業は完全に子供メイン。
というか、息子は私に触らせてくれません
手を出そうとすると怒られます

ただいま、ナッペ中・・・
真剣です!!
最後の仕上げを先生に手伝ってもらいましたが、ほとんど自分でやりました!
CIMG7854.jpg

そして、デコレーションももちろん自分で。
だんだん具がモリモリになっていきます
で、ひとまず完成したのがコチラ。
なかなかの出来栄え
CIMG7859.jpg

でもね、家に帰ってサンタの数を数えてみると、な、なんと7人もいました~
明らかに欲張りすぎです!
先生、ごめんなさ~い

スポンサーサイト

牡蠣パーティー♪

随分アップするのが遅くなってしまいましたが、先月末に牡蠣パーティーをしました♪
季節ごとに美味しい旬の食材を取り寄せて、友人と飲んで、食べて、とやっているのですが、今回はその3回目。
いつもどの食材にするかで悩むのですが、1回目にすごく美味しかった、厚岸の牡蠣を厚岸漁業共同組合直売店から再び取り寄せる事にしました。
でも、今回は秋なので、牡蠣以外にも美味しそうな北の海の幸がいろいろ

特大LLサイズのぷっくり牡蠣が45個に殻付きウニ
大きな牡蠣は手のひらほどの大きさ
CIMG7802.jpg

ビチビチに新鮮な秋刀魚!!
1ダース入りです。
CIMG7803.jpg

まずは、牡蠣を生のままつるり!
前回の早春の牡蠣とはぜんぜん違う味わいにびっくり!
とっても濃厚ミルキーです。
生のあとは、蒸し牡蠣で。
磯の香りが引き立って、甘みも増して、これまたウマイ!
CIMG7806.jpg

いちばん苦戦したウニ。
殻を開けて、中をきれいにするって大変なのね・・・
苦労したかいあって、とっても甘くて美味しい
CIMG7808.jpg

それから、秋刀魚はお刺身で・・・
薬味が何もなかったのが残念!
でも、4尾分の山盛りのお刺身、ぺろりと平らげました~
CIMG7807.jpg

他にもいろいろ食材やお酒を持ち寄って、大満足~~!!
このところ、すっかりお酒に弱くなってしまったせいもあって、
気楽に美味しいものがリーズナブルに楽しめる、家飲みがいちばん!と最近つくづく思いま~す

三帰天海の玄米精進弁当

以前から気になっていたけど、すっかり忘れていた、“代官山駅前でお坊さんが売っているお弁当”をパン教室の生徒さんのブログで思い出し、忘れないうちに予約して買ってみました!
三帰天海さんという人の売っているもので、取りに行ってみると、たしかにお坊さんがいます。
目印としてはとても分かりやすい・・・!
地味~な物をイメージしていたのですが、受け取ったものはとってもおしゃれ!
使い捨てにするにはもったいないようなお弁当箱に入っています(箱も箸も使い捨てずに使ってます


一緒に青汁も売っていたので、健康のために一袋購入・・・
CIMG7770.jpg

これまたしゃれた、手書きのお品書きが付いています。
参考になるメニューです。
CIMG7768.jpg

中身はこんな感じ。
野菜たっぷりで、体に良いものがぎっしりと詰まっています。
大根の下にもおかずが隠れています。
CIMG7769.jpg

食べるとどれも優しい味付けで、素材の力が生きています。
体に沁みていく美味しさです。
こういうものを毎日食べていると、健康でキレイな体になるんだろうな~、と思ったお弁当でした。
時々買ってみようかな

ワインとチーズの講習会


働いているチーズの会社で、社内向けチーズとワインの講習会があったので、行ってきました。
以下は自分の復習用に書いているので、あんまりまじめに読まないでね

今回のテーマは、「アルザスのリースリングとロレーヌ圏のチーズ」。
で、写真のチーズは、左から「カレ・ド・ロレーヌ」、「ミラベラ(かなり熟成)」、「マンステール」、「フルール・ド・ビエール」です。
この4種類のチーズをアルザスのリースリングの個性である、「苦味+甘み」を軸にマリアージュしていくという、高度なものでした。
合わせるワインは、キリリとキレが良く、酸味、苦味をより感じる「ヒューゲル2006」、果実味たっぷり、熟したリンゴを思わせる風味で、苦味と甘みのバランスが取れた「ルネ・ミュレ 2004」、甘みがかなり充実し、アルコール感、鉱物臭のハッキリとした「ヒューゲル 1998 ヴァンダンジュ・タルティヴ(遅摘み)」、あんずや蜂蜜、オレンジの香りを感じ、全ての要素のバランスが良く、全体的にスケールの大きな「ショフィット 2005 グランクリュ、ランゲンドタン クロサンテオバルド(特級畑
)」、の4種類。

最終的なマリアージュとしては
「ミラベラとヒューゲル」:チーズとワインのそれぞれの苦味が調和。
「ミラベラとルネ・ミュレ」:より甘みがあるので、ヒューゲルよりもさらにミラベラと合う。
「マンステールとヒューゲル VDT」:マンステールのしっかりした味わいとこのワインの甘みが合わさると、まるでデザートのような美味しさ!マンステールの強いクセもワインがうまくまとめてくれている。
ところが、ミラベラとこのワインを合わせると、完全にワインの甘みが勝ってしまって、ミラベラの味わいを消してしまう。
「フルール・ド・ビエールとショフィット」:アルザスのチーズで最も個性的。ねっとりとまとわりつくようなビエールの味わいにまけない、ショフィットのスケール感が調和しておいしい。さらに、ワインのアルコール感と苦味が、チーズのまとわりつく舌触りを洗い流して、キレの良い後味にしてくれている。

そして「カレ・ド・ロレーヌ」は、アルザスリースリングと白カビが合わない事を実感してもらうための実験台だったそう・・・

こうやって食べ比べをしてみると、ほんとに合う・合わないが分かりやすい!
味覚で遊ぶって面白いな~、と思った講習会でした!

 | HOME | 

物欲メモ

「買って良かった~」と思っているもの、「欲しい!」と狙っているものイロイロ…♪

OJIGI TOKYO10.5正角膳

OJIGI TOKYO10.5正角膳
価格:2,700円(税込、送料別)

ガラスプレートフラットプレート ブラック

ガラスプレートフラットプレート ブラック
価格:3,780円(税込、送料別)

Favorite Brands

Link&行きたいパン屋さん

Powered by クスパ
フードソムリエにてレシピ公開中! 料理教室検索クスパ
このブログをリンクに追加する

おすすめShop

私がたびたびお世話になっているお店です

ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】
ナチュラル素材でお菓子・パンづくりを ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

カテゴリー

最近の記事

パン作りオススメグッズ

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

la nature

Author:la nature
東京都渋谷区在住。
物づくり全般、特に料理・パン・お菓子作り好き。
夫と息子の3人暮らし。
玉村豊男の田園生活が理想

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。